独立したいエンジニアに向けて

エンジニアとして独立を夢見る人へ!

独立したいエンジニアに向けて

何年かエンジニアを続けて、様々なプロジェクトを経験し、知識やスキルがついてくると独立を考える人も少なくないでしょう。フリーランスとして働きやすい環境が整いつつある昨今、より自由な働き方を求めて行動に移す人も多いことでしょう。当サイトでは、独立におけるメリットとデメリットを比較し、実際に独立する方向けに事前に準備すべきポイントをお伝えします。また、独立してから案件獲得に困らないためのアドバイスも掲載しています。

  • 独立するメリットデメリット

    独立するメリットデメリット

    独立のメリットは、仕事の量や報酬、内容など、仕事に関する全てのことを自分で決められることです。一方のデメリットは、会社員のような収入の安定感がないことです。エンジニアとして独立を考える際に、メリットとデメリットを公平な目で比較して考えることはとても大切です。しかし、独立後の仕事に会社員と同じ条件を求めることはできないので、自分にとってどちらの働き方にメリットがあるのかという観点で考えることも大切です。

  • 事前に準備すべきこと

    事前に準備すべきこと

    独立に向けて事前に準備しておきたいことはいくつもあるので、期限を決めて準備を進めるようにしましょう。期限を決めずに独立しようとすると、開業が先延ばしになってしまいがちなので、期限を決めて守る努力が必要です。起業家が集まるセミナーなどで情報収集をしながら人脈を増やすこともできます。人脈作りや営業に欠かせないヒューマンスキルを強化し、独立後より早く安定できるよう基盤作りに励みましょう。クレジットカードは、独立してからだと作りにくいので、早めに作っておくと安心です。

  • 案件を獲得するために

    案件を獲得するために

    営業の基本は整った身なりです。人の第一印象が決まる時間を考えると、話す内容だけでなく見た目の印象を良くしていく必要があることがわかります。受注した案件を抱えながら個人で営業をこなそうと思うとかなりの手間がかかってしまうので、専門のエージェントを活用するという手もあります。エージェントに相談すれば、ただ案件を紹介されるだけでなく、より高単価な案件を獲得するために何ができるのかを教えてもらえるでしょう。

おすすめ記事

  • 営業は外見も大事
    営業は外見も大事

    見た目より中身が大事という考え方は間違ってはいませんが、ビジネスシーンにおける見た目は、仕事の量と質を左右する重要なポイントになります。髪型や服装に乱れがあるなど、清潔感がない人は営業に出向いても話を聞いてもらうことすらできないかもしれません。身なりがきっちり整えられている人は、仕事もきっちりとこなす印象を持ってもらいやすくなります。高価なものを身につける必要はありませんが、常に清潔感を意識しておくようにしましょう。

  • 在職中に人脈作りをすべし
    在職中に人脈作りをすべし

    人脈がある人とない人では、独立後の状況が全く変わってきます。直接利害にはかかわらないような人脈でも、それがいつどこで自分の助けになるかわかりません。社内外の人脈を会社員のうちに構築し、時間をとって起業家のセミナーなどにも顔を出してみましょう。あまり前のめりになりすぎず、知り合いを増やすというぐらいの気持ちで人と接するといいかもしれません。その際は、自分の利益ばかり考えるのではなく、相手の利益も一緒に考えるようにしましょう。

  • メリット:全て自分で決めることができる
    メリット:全て自分で決めることができる

    いつどこでどれだけ働くかを、自分の裁量で自由に決められるのが独立のメリットです。得意を生かせる案件に絞ってもいいですし、勉強しながら新しい案件にチャレンジすることも可能です。自分で休日を自由に決められるのも大きな魅力です。有給休暇はありませんが、休んだ分は他の日に取り返すことで調整できるでしょう。また、経費をしっかりと計上すれば節税にもなります。自由には責任が伴うとはいえ、組織に縛られずに働ける開放感は他にかえがたいものがあります。

特集

  • エージェント頼りもアリ
  • クレジットカードは必ず持つべし
  • デメリット:正社員のような「安定」がない