独立したいエンジニアに向けて

独立するエンジニアはクレジットカードを作っておくこと

クレジットカードは必ず持つべし

独立に備えてクレジットカードを作る

事業で使うクレジットカードは、経費の管理にとても便利なのでぜひ準備しておきたいものです。しかし、独立してからしばらくは、クレジットカードを作りづらい状況が続きます。独立して十分にやっていけるだけの力量と収入があるエンジニアでも、銀行やカード会社からの信用を得るまでには時間がかかってしまうので、クレジットカードは独立する前に準備しておいたほうが安心です。

クレジットカードの審査に通過しやすくするポイント

クレジットカードの審査は、収入や勤続年数、信用情報などいくつかクリアしなければならない項目があります。収入があっても少ないならカードの限度額が低くなり、たくさんの安定収入があるならカードの限度額も多くなります。独立している人の場合、収入がある程度あったとしても、社会的信用度の低さがネックになってしまうでしょう。ただし、世帯主に安定した収入があることを含めて申し込むことができるなら、申込者本人の収入が不安定でも審査に通りやすくなります。独立してからすぐのタイミングで審査に通過するのは難しいかもしれませんが、3年以上安定した収入を得ていれば審査に通りやすくなるかもしれません。また、キャッシング枠をなしにして申し込むなら、不安要素をひとつ取り除くことができます。そもそも事業用資金をキャッシングでまかなうことはできないので、事業用クレジットカードに不要な項目です。気をつけなければならないのは事故情報です。ローンやクレジットカードの返済が滞ったことがあると、その情報が信用情報に記録されてしまいます。信用情報に傷がついてしまうと、安定収入や社会的信用度に問題がなくても審査には落ちてしまうのです。

楽天カード

独立後でも審査に通りやすいカードを探すなら、まず「楽天カード」をチェックしてみましょう。楽天カードはポイント特典の種類が豊富で、買い物や旅行をお得に楽しむことができます。年会費無料の楽天カードをはじめ、年会費有料のハイステータスなカード、ANAマイレージクラブ機能付き楽天カード、個人事業主にうれしい楽天ビジネスカードなど、カードの種類も豊富です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

個人事業主専用のカードを作るなら、「アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード」がおすすめです。年会費は12,000円と少し高めではありますが、カードの支払いと同じように経費として計上できます。ポイント特典や手厚いサービスを受けられるトラベルサービス、カードで購入した商品の返品、破損や盗難の補償をするプロテクションなど、ビジネスに役立つさまざまなサービスが用意されています。

おすすめ記事

  • 営業は外見も大事
    営業は外見も大事

    見た目より中身が大事という考え方は間違ってはいませんが、ビジネスシーンにおける見た目は、仕事の量と質を左右する重要なポイントになります。髪型や服装に乱れがあるなど、清潔感がない人は営業に出向いても話を聞いてもらうことすらできないかもしれません。身なりがきっちり整えられている人は、仕事もきっちりとこなす印象を持ってもらいやすくなります。高価なものを身につける必要はありませんが、常に清潔感を意識しておくようにしましょう。

  • 在職中に人脈作りをすべし
    在職中に人脈作りをすべし

    人脈がある人とない人では、独立後の状況が全く変わってきます。直接利害にはかかわらないような人脈でも、それがいつどこで自分の助けになるかわかりません。社内外の人脈を会社員のうちに構築し、時間をとって起業家のセミナーなどにも顔を出してみましょう。あまり前のめりになりすぎず、知り合いを増やすというぐらいの気持ちで人と接するといいかもしれません。その際は、自分の利益ばかり考えるのではなく、相手の利益も一緒に考えるようにしましょう。

  • メリット:全て自分で決めることができる
    メリット:全て自分で決めることができる

    いつどこでどれだけ働くかを、自分の裁量で自由に決められるのが独立のメリットです。得意を生かせる案件に絞ってもいいですし、勉強しながら新しい案件にチャレンジすることも可能です。自分で休日を自由に決められるのも大きな魅力です。有給休暇はありませんが、休んだ分は他の日に取り返すことで調整できるでしょう。また、経費をしっかりと計上すれば節税にもなります。自由には責任が伴うとはいえ、組織に縛られずに働ける開放感は他にかえがたいものがあります。

特集

  • エージェント頼りもアリ
  • クレジットカードは必ず持つべし
  • デメリット:正社員のような「安定」がない